JFFA会則

 

 

第一章 総則


第一条 (名称)

本協会は、日本フライフィッシング協会 Japan Fly Fishing Association (略称JFFA)と称する。

  

第二条 (理念)

私たちは「挑戦することの大切さ」「習得することの難しさ」「知識を蓄えることの尊さ」を教えてくれるフライフィッシングを深く愛する者たちです。

フライフィッシングを通して、生命の大切さを学び、自然を愛し、環境の保全に寄与したいと考えています。そのため自己の啓発に努めるとともに、次世代を担う青少年たちを育成し、かれらに私たちの理念を伝えることを惜しみません。素晴らしい自然の中でフライフィッシングが出来ることの感謝を忘れず、他の釣法の人ともお互いを尊重しながら、釣りの未来に向かって取り組んでいきたいと考えています。

第二章 目的および活動


 

第一条 (目的)  本協会は、フライフィッシングの普及を通じて自然環境の保全と次世代の良識ある人材を育成することを目的とし、以下の事項を実行していきます。

(1)フライフィッシングの普及活動

フライフィッシングの技術や知識の向上に努め、フライフィッシングの魅力や楽しさを広く一般に普及させ、愛好者が増えるように努めること。 

(2)釣り場の保全活動

魚が住むあたりまえの河川を維持するため、河川の自然環境を保全するよう努めること。そのためには常に河川の環境問題に関心をもち、地域の河川保護活動を支援していくこと。また、公共の河川管理行政に対して釣り人の視点で発言していきたい。

(3)青少年への教育活動

フライフィッシングには、自然や魚や水生昆虫の知識を高め、キャスティングやタイイングなど習得しなればいけない要素が多く、教材としては理想的です。次世代を担う子どもたちにフライフィッシングを通して河川環境を保全する重要性を教えること。

(4)同様の活動目的を持つ他団体と協働する。

   (1)~(3)の普及・保全・教育が中心的な目標ですが、加えて日本および世界各国のフライフィッシングを愛する団体と情報交換や提携を行い、親善を深めるとともに、問題解決のための協力や支援を行っていく。

第二条 (活動) 本協会は、その目的の実現のために、次の各号に掲げる活動を行う。

 1.年次総会

 2.JFFAフライキャスティング普及プログラムの実施

 3.JFFAフライタイイング普及プログラムの実施

 4.JFFAユース・ボーイスカウトプログラムの実施

 5.JFFA環境保全プログラムの実施

 6.グッドウィルガイドプログラム(善意のガイド)の実施

(※他のエリアから釣りに来た会員に対し地元の会員が無料または会員料金でフィッシングガイドを行うもの)

 7.ハンドクラフトワークショップの運営(製作者からの委託販売)

 8.国際交流の推進 

 9.機関誌、その他の発行

 10.その他、(目的)を達成するために必要な事項

第三章  会員および会費


第一条 (会員) 会員は、フライフィッシングを愛し、品格ある者で、本協会の目的に賛同して入会した者とする。会員は会則を遵守する義務を負う。

第二条 (入会) 入会の諾否は理事会において決する。ただし、正当な理由が無い限り、入会を拒むことはできない。

第三条 (退会および会員資格の喪失) 

  一項 (退会)退会を希望する会員は、理事会宛に退会届を提出しなければならない。

  二項 (死亡など)会員が死亡、もしくは喪失宣言を受けたときは、すみやかに理事会宛に報告すること。

  三項 (除名)会員が次の各号いずれかに該当するときは、理事会の3分の2の決議により、会員本人に対し退会勧告あるいは除名することができる。ただし、該当会員の申し出があれば、審議開始後1ヶ月以内に弁明の機会を与えるものとする。

(1)本協会の名誉を毀損し、または本協会の理念や目的に反する行為があったとき。

(2)会費納入義務を怠ったとき。

(3)その他会員として適当でないと認めたとき。

第四条 (会員の種類) 本協会の会員は、次の5種類とする。

  • 正会員:本協会の目的に賛同して入会した個人または団体(オリジナルエンブレムが与えられる)。また年会費にはIFFFのアフィリエイトクラブ登録料が含まれる

  2.賛助会員:本協会の目的に賛同し、賛助の意思を持つ個人または団体(オリジナルエンブレムが与えられる)。

  3.ファミリー会員:正会員の配偶者・子息・息女(※未成年)をファミリー会員とすることができる。ただし、家族以外であっても、個人正会員またはブランチの推薦により、身元が保障され会員の保護下にあると認められる場合はファミリー会員とする。未成年とは18才の誕生日までとする。(オリジナルエンブレムが与えられる)

  4.プレ会員:将来正会員の登録が見込める準会員。

  5.名誉会員:永年協会に所属または当協会に功労のあった者に対し、正会員の推薦により理事会で決議、総会で承認された場合に名誉会員の称号を贈り、会費納入を免除する。名誉会員の義務・権利については本会則に準じる。

第五条 (会費) 本協会の年度毎の事業活動にかかる費用として、年度毎に会費の支払い義務を負うものとする。

一項 事業年度は1月より当該年度の12月までとする。

二項 入会金は必要としない。

三項 年会費

 (1)正会員

     1年       6,000円

  • 賛助会員          

    1年       6,000円

(3)ファミリー会員        

    1年       1,000円

(4)ブランチ新規設立  

               無  料

四項 会員が納めた会費は返還しないものとする。

第四章  組織・運営


第一条 本協会は、理事会と運営委員会、総会により構成されるものとする。

 一項(理事会)理事会は最高議決機関であり、理事5名で構成する。運営委員会から提出された検討事項の協議、申請の承認等全般にわたり協会運営を管理監督し、運営委員会、ブランチの活動を監督・補佐する。また理事会は、運営委員会の委員長の任命権を持ち、自薦・他薦で候補者を協議し、選出された候補者の承諾を得て任命する。

 二項(運営委員会)運営委員会は正会員を持って構成され、次の4委員会を置き以下の活動を行う。

  • フライキャスティング普及委員会 :入門者のためのフライフィッシング教室や講習会を企画立案する。また、そのような企画に対して講師の派遣(水生昆虫、フライキャスティング、フライタイイング等に関して)や道具類の貸与を行なう。
  • 環境保全委員会:自然観察、河川清掃、自然学校、放流事業等を通して環境・魚種を保全する活動をする。河川行政に対して釣り人側から発言をしていく。
  • 外務委員会:IFFFなど海外の他団体との交流の窓口として、フレンドシップの輪を広げていく活動をする。
  • 総務広報委員会:会員の情報管理、会費の徴収、問い合わせ窓口、及び広報活動をする。

 三項(ブランチ)会員は、会員相互の活動拠点としてブランチに所属および、ブランチを立ち上げることが出来る(詳細はブランチ運用細則)。

第五章(総会)


総会は年1回開催され、理事会、運営委員会からの報告を受け、承認の諾否を問う。承認は、総会参加者および委任状の総数の3分の2の賛意で、決するものとする。委任状は議長又は総会出席者に委ねることができる。また会長、理事の選出解任を行う。

第六章  役員


 

本協会には次の役員を置く。(役員の種類)

  • 会長1名 会長は、総会において自立あるいは推薦をもって立候補し、出席者の過半数の投票が得られた候補者を任命する。会長は本協会の代表者であり、会の象徴で、議決権は正会員としての1票のみを有する。
  • 副会長1名 副会長は正会員の中から会長が人選し、理事会にはかって了承を得た後、会長が任命する。
  • 理事5名 理事は総会において自立あるいは推薦をもって立候補し、出席者の過半数の投票が得られた者を任命する。

   (4) 監事  2名以上

   監事は事業ならびに会計を監査するものであり、会長および理事会で協議し、会長から任命される。監事は正会員以外の者に委託することができる。

  (5) 事務局

    事務局は、総務広報委員会が担当し、事務局長1名、事務局補佐1名をおき、協会記録、会員との連絡、会費の徴収などを行う。事務局長は、理事会で人選し、指名し、依頼するが、委員長が兼務することができ、事務局長補佐1名を指名することが出来る。

  (6) 役員の任期

 役員の任期は当面2年間とし、再任を妨げない。

附則

  • この会則は2016年1月1日より施行する。
  • 2016年3月15日  一部改訂
  • 2016年6月10日  一部改訂
  • 会則の改訂は、理事会あるいは会員10名以上の申請があれば理事会で審議し、委任状を含む総会出席者の3分の2の了承を得て発効するものとする。